×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本の世界に飛び込む

パーティアビリティ「本の世界に飛び込む」を装備した状態で、以下の世界を探索できます。

【ルーイの旅立ち前日】

前作『タイムロジック』の主人公の一人、ルーイの旅立ち前日のイベントが見られます。

▼場所 → シェンシア城の地下(GGBを倒した後に入る資料室)

▼入手可能アイテム → ソウルオブルーイ(武器)

【リリーの旅立ち前日】

前作『タイムロジック』の主人公の一人、リリーの旅立ち前日のイベントが見られます。

▼場所 → 雪の街ニエヴェの民家

▼入手可能アイテム → リリーの杖(武器)

【エックハルトの旅立ち前日】

前作『タイムロジック』の主人公の一人、エックハルトの旅立ち前日のイベントが見られます。

▼場所 → シェンシアの街の民家(パーティアビリティ「動物と会話」が必要)

▼入手可能アイテム → エックハルトロッド(武器)

【スザンヌとバトル】

前作『タイムロジック』のキャラクター、スザンヌとバトルできます。

▼場所 → 知恵の宝庫サビドゥリア

▼習得可能スケッチ → スザンヌ

【ミネルバとバトル】

前作『タイムロジック』のキャラクター、ミネルバとバトルできます。

▼場所 → ジュビアの街の民家

▼習得可能スケッチ → ミネルバ

【爆裂じじいのマシンガントーク】

話し相手が欲しくてたまらないおじいさんと、会話(?)できます。順番通りに進む必要があります。

▼vol.1 → マーベリックの仮住まい(コリエンテ城東方面)

▼vol.2 → ノルテシティーの民家

▼vol.3 → シェンシア城の地下(GGBを倒した後に入る資料室)

▼vol.4 → ヴェールの街

▼能力強化ポイントGet → それぞれの巻で、能力強化ポイントがもらえます。

【ムチャチョ先生の青空モノづくり教室!】

メンバー全員がモノづくりに挑戦するイベントが見られます。メンバーが全員揃っていないと入れません。

▼場所 → コリエンテの街メー博士の家

▼入手可能アイテム → 無し

▲ページ先頭へ

寄り道

冒険の途中に寄り道して、アイテムなどを手に入れましょう。

▼コリテンテ周辺の森

「さざ波の笛」を入手後、森の奥に行くと釣り橋が直っていて、アイテムを入手できます。

▼セタ山落下後の山道(コリエンテ城の東にあるマーベリックの仮住まいの北)

「天空落下後」にマップ左の方の洞窟へ行くと、階段下にアイテムがあります。

▼天竜の山

世界地図の北にある山の頂に天竜がいます。バトル勝利後、自由に空を舞う事ができます。

▼密売モンスター、ニョロンの森

コリエンテの街北西(天空落下後)の方向に四角い森があります。そこがニョロンの森です。

奥にいるニョロンとバトルし勝利すれば、ほぼ全ての武器の購入ができます(一部武器を除く)。

またスケッチ「ニョロン」を習得可能です。

▼ラストダンジョン突入前に、各キャラクターの武器を入手

ラストダンジョン突入前に、各キャラクターにゆかりのある場所へ行くと、武器が手に入ります。

・ティーオ → コリエンテの街の自宅

・グピン → コリエンテ城地下(グピンが暮らしていた部屋)

・ミーチェル → コリエンテの街にいるメー博士

・マーベリック&パメラ → ノルテシティーにいるフランカ

・ジュディ&ムチャチョ → ジュビアの街のムチャチョのアトリエ

・アイザック → コリエンテ城外観の最上部

▲ページ先頭へ

エクストラダンジョン −CUBE−

強敵とトラップがひしめくエクストラダンジョンに挑戦してみましょう。

▼場所 → 神殿地下(最初に天空ルシールに到着したところ。入るには天竜が必要)

▼出現条件 → ラスボス直前のセーブポイントに触れる

▼入手可能アイテム → ティーオとグピンの最終武器

▼習得可能スケッチ → エクストラダンジョンのボス

1フロアに石版が6つあり、それぞれ数字が書かれています。

数字の法則性を見つけ、"法則から外れている"場所を選んで進みます。

ダンジョンに出現する敵は一部を除き、過去に出現したものばかりです。これはストーリーが進行し、

もう入れなくなったダンジョンに出現する、スケッチ習得可能モンスターです。ここで習得し損ねた

スケッチをコンプリートできます。ただ過去の敵といっても、能力値は最強クラスで、いずれも強敵です。

ダンジョンの床にはダメージを受けたり、状態異常になったりする「トラップ床」が

ところせましと仕掛けられています。これはサポートアビリティ「ダメージ床無効」で回避できます。

▼攻略の答え

以下の順序で進めば、最深部まで辿り着けます。

A → 北のルート(ここのみ北ルートで固定。以下はランダムで石版に数字が示される)

B → 2で割り切れる

C → 2で割り切れる

D → 2の二乗or2の二乗以外(示される数字により異なる)

E → 3で割り切れる

F → 7で割り切れない

G → 素数

H → 素数

※用語解説

・二乗 → 同じ数を二回かけること

ex.) 2の二乗は「2×2=4」 3の二乗は「3×3=9」 10の二乗は「10×10=100」

・素数 → 1とその数以外で割り切れない数字のこと

ex.1) 37は「1とその数(37)以外の数字で割り切れないため、素数である」

ex.2) 22は「1とその数(22)以外の数字で割り切れないわけではないので(2や11がある)、素数ではない」

間違ったルートを進むと、進行の段階がいくらか前に戻ります。

(例:Fの段階で間違えると、Cの段階に戻り、再びそこからやり直しとなる。どれくらい戻るかはランダム)。

もしごちゃごちゃになってしまった場合は、わざと最初の時点に戻って、一からやり直してみましょう。

最深部に到着したら、いよいよボス戦です。

BATTLE!??????

本作最強にして、最凶の大ボスです。しっかり準備してから、戦いに挑みましょう。

必須サポートアビリティは、

「呪いガード」(あるいは「全状態ガード」)、「聖ダメージ減」(あるいは「全ダメージ減」)。

あった方がよいサポートアビリティは、

「毒ガード」「土ダメージ減」「オートリレイズ」「オートリジェネ」「クリティカル防止」「MP消費半減」です。

敵の攻撃は非常に激しく、HPが低いとすぐ戦闘不能になってしまいます。

攻撃系で特に強烈なのが、「呪いの剣」と「ビッグバン」「グランドクロス」。

「呪いの剣」は全体に強力な斬撃の後「呪い」状態にしてきます。「呪い」はサポートアビリティで

必ず防ぎましょう。そうでないと、なす術も無く全滅に追いやられる危険性があります。

「ビッグバン」は無属性の全体攻撃です。一方「グランドクロス」は聖属性で、こちらの方が強力ですが、

サポートアビリティや「マジックバリア」などで、ダメージを軽くする事ができます。

敵のサポート系攻撃で特に厄介なのが「ハードブレイカー」と「カタストロフィ」。

「ハードブレイカー」は全員の能力値を大きく下げ、さらに全属性耐性まで下げてきます。

「ライオンハート」や「マジックバリア」ですぐに対応しましょう。

「カタストロフィ」は全員のMPを0にしてくる厄介な技です。アイテムを使ってすぐに回復させましょう。

敵の防御力は非常に高く、属性魔法に対する耐性もあります。また戦闘中に自身の能力値をどんどん上げ、

さらにはHPを頻繁に回復してきます。並みの攻撃を行っていては、とても倒せません。

攻撃はダメージが大きい、無属性のものを中心に仕掛けましょう(ティーオの「次元斬」など)。

※あくまで参考ですが、お勧めメンバーは「ティーオ、グピン、ジュディ、パメラ」です。

ティーオ → 攻撃力を1にし、余ったポイントをHPやMPなどにまわし、ひたすら「次元斬」で攻撃。

グピン → 回復系で味方を徹底サポート。「マジックバリア」「セイントカーテン」「ライオンハート」等は必須。

ジュディ → 無属性・防御無視の「ラディカルショック」や「デルタグレネード」が、非常に効果的。

パメラ → ランダムではあるものの、攻撃、回復のバランスが非常に良いので、とても役に立つ。

▼エクストラダンジョンの元ネタ(おまけ)

カナダの「CUBE」という不条理ホラームービー(1997)。

面識の無い男女数名が謎の正六面体の施設「CUBE」に閉じ込められ、そこからの脱出を図るというストーリー。

CUBE内には様々なトラップが仕掛けられており、誤ったルートを通ると即、凄惨な死が待っている。

捕らわれた者達は何故自分たちがこんな場所にいるのか、誰が連れて来たのか、出口はあるのか―――

何一つ分からないまま、この不気味な空間を進んで行く。そしてこの極限状態で、皆の精神が壊れ始めていく。

・・・こんな感じの不気味な映画です。のっけからかなり(本気で)グロテスクなシーンがあり、

好き嫌いが分かれそう。なお管理人はこの映画が好きで、何回も観ました^^;

いやいや、はまると面白いんですよ^w^; ご興味ある方には、ぜひお勧めしたいです。

けれど、グロテスクなのがニガテな人はトラウマになりかねないので、観ない方がいいかも・・・

ちなみに続編に「CUBE 2」「CUBE ZERO」とありますが、何も付いてない「CUBE」(つまり第一作目)が

一番面白いです。というか悪いけど、何で続編を作ったのかな?って思うくらいです。

余談でした。

▲ページ先頭へ

トップページへ